読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中裕太監督ありがとう!~『Go!プリンセスプリキュア』最終回に寄せて

明日、ゴープリが終わります。

f:id:an-shida:20160130202023j:plain

2015年1月31日、『GO!プリンセスプリキュア』が最終回を迎えます。

自分の知る範囲で感想を見る限りとても好評だったと思う。

自分も田中裕太ファンとしてとても楽しみに観た。

思えば『スイートプリキュア』の30話、クイズ回で初めて気になって(震災の年、あの明るさはとてもありがたかったのを覚えている)それからファンを続けてきてついにシリーズディレクターとして腕を振るう。

それは、幸せすぎる未来だった。

 

1年前は

予告を観ただけで期待感溢れてこんなツイートもした。プリキュアで大活躍されているライターのぽろり春草さんにRTしてもらったの嬉しかった記憶。

 

ささやかですが1年前にこんな記事を書いた。

 

an-shida.hatenablog.com

 

 ざっくりとした予想は「サブキャラが立って活き活きとして、アイテムや技の展開もイメージ豊かに膨らむ」というものでした。

 放映が始まって~夢の1年

ファンの自分にとっては嘘みたいな1年でしたが、アニメじゃないじゃないし、ホントのことなので、嘘つながりで、田中裕太監督のエイプリルフールジョークを引用させて頂きたい。

 これには大塚隆史監督も唸った。

 

ところで、1年前は上のような予想をしたわけだけど、おおむねそのとおりになったと思う。きらびやかでサブキャラひとりひとりが愛らしく(でも、どぎつすぎない、上品さのある)よいシリーズになったと思う。

アイテムのギミックについては、当初自分が想定していたよりは大人しかったかなと思うけども、バンクの前後に変化を入れたり、工夫をしたアクションや流れで、観る人を楽しませようとする意志は随所で感じたので、振り返ってみても充実感が高いと思う。

たとえば、田中裕太コンテ鎌谷悠演出の39話。

プリキュア・リィス・トルビヨン」を上に放ちユリの花びらが舞う変奏。

f:id:an-shida:20160130204717p:plain

普段はこんな感じ。

f:id:an-shida:20160130204719p:plain

やっぱり頭の中でいつもキャラが、技が動いてるんだろうなあと感じた。

サブキャラについても、台詞がなくても、その話数で特に言及無くても「そこに生きている」わけで、カットにいることが多かったと思う。

例えば22話。全員集合的で分かりやすいところではあるけれど、他にもチョイチョイ出るキャラが「画面の外にもちゃんと生きている」ことを感じさせていたと思う。

f:id:an-shida:20160130211553j:plain

 

スタッフ皆さんありがとう

 ところで冒頭の聖剣伝説画像はこれ。SD発表時のツイート。

一度ゴープリの為プリキュアチームから外れて、準備をしつつも『マジンボーン』では愉快なルークさんのゆかいぶりを加速させながら、そして戻って来た。田中監督の画像芸も自分は好きだけど、これは特に強烈に印象に残っている。

 

スタッフへの信頼と尊敬はいつもツイートで見ることができるが

「俺たちの」シリーズを貼っておきたい。

f:id:an-shida:20160130211039p:plain

最終回予想

また芸がないくらい順当だけども

○キャラ総出演(全員出ると思います。全員!)

○挿入歌3曲以上! 「Primal Place」と「ストリングス」は本命二重丸(筆者調べ)

になると思います、多分。

夢は未来への道

1年間、面白い作品を作ってくれてありがとう。

そんな気持ちで明日を迎えます。

 

ありがとう、タナカリオン! また逢う日まで、タナカリオン!

最後はタナカリオン先生の「また来週」ツイートを引用しつつ

最後の「また来週」を心に刻んで明日を待ちたい。